ようこそ「グラビアアイドル画像★グラビアアイドル動画写真集」へいらっしゃいました!このサイトは、グラビアアイドルが今とっても気になっているとか、グラビアアイドルの大ファンだ!またはグラビアアイドルが大好き!グラビアアイドルのお宝画像動画壁紙などが欲しい!という方を対象に、様々な情報を提供していきます。最近はyoutubeやGyaOなど動画サイトの登場で動画がより身近になり、Dailymotionも日本語化されて便利になりました。もちろん、グラビアアイドルのお宝動画を見つけ次第こちらで紹介したいと思います。いろいろと長くなりましたが、当サイトは細々と更新していきますので、今後とも温かく見守って頂けるとうれしいです。
日本人男性の、約6割が悩んでます。それは・・・←クリック!
日本人女性の、約8割が悩んでます。それは・・・←クリック!
必見!おトクなバーゲン情報が満載です!!・・・←クリック!
激安格安ノートパソコン比較情報リンク集・・・←クリック!
★グラビアアイドル 検索はこちら!★
Topグラビアアイドル 紹介 >グラビアアイドルとは

グラビアアイドルとは

グラビアアイドル水着画像グラビアアイドル動画壁紙をお探しのみなさまへ。
グラビアアイドルの概要についてご紹介します。(Wikipediaより)

グラビアアイドルとは、女性アイドルのうち、雑誌のグラビア、写真集、イメージビデオ・DVDへの出演を主な活動とし、なおかつ主に水着姿の写真を売りにする者の「肩書き」。

グラビアアイドルとは、芸能界に席を置きながら特殊な役割をあてがわれている職業分類的肩書きの1つである。

グラビアアイドルは外見上女性であること(女性に見えること)が絶対的な条件であり大きな特徴である。

グラビアアイドルの主な活動の場は、雑誌グラビアページや広告宣伝媒体のポスターなどの2次著作物であり、特に雑誌では、グラビアの被写体次第で売れ行きが左右される非常に重要なファクターとなっている。

グラビアアイドルとして最も重要視される要素は、外見のビジュアルとスタイル、それを保ち続ける若さである。その特異性から、永続的にグラビアアイドルでありつづけることは実質不可能であり、女性が若さを保ちえるある一定年齢を迎えるまでしか続けることができない。

以上のことから、一般的にはグラビアアイドルは芸能界に進出するステップの1つと捉えられており、後に女優・タレントへの転身する者が殆どである。しかしその出自ゆえ、芸能人として本来要求される会話力・歌唱力・演技力に乏しいケースも多い。そのため、グラビアアイドルを退いた後も芸能界で「生き残る手段」を持ち合わせている例は極めて稀であり、彼女達を世間に送り出すメディア媒体にも限界があるため、新人が次々とデビューして来る一方で芸能界で芽が出ずに忘れ去られて行く者が多く、「卒業」と称してグラビアアイドルを引退すると同時に一切の芸能活動から手を引く者も少なくない。

ただし近年では医療技術やメイクアップ技術が飛躍的に向上し、現役でグラビアアイドルを続けながら、俳優業やタレント業も兼務する例も多くなってきた。

現在のグラビアアイドルは大きく分けて、大人っぽさを売りにするタイプと、子供っぽさを売りにする(ロリータ)タイプの2極に分類される。前者はさらに「セクシー系」と「癒し系」の2種類に細分類される。ただしあるアイドルがどちらに分類されるか、等は個人的主観が大きく介在するため、明確な基準はない。

前者の大人っぽさを売りにするタイプは、20代に入ってからデビューする、もしくは10代でデビューした者が20歳を越えてから注目される、といったケースが当て嵌まる。また前歴としてイベントコンパニオンや企業キャンペーンガール、レースクイーン経験者である場合が多い。20世紀末に出てきた癒し系という流れは、「平成不況」という世相が反映して生まれたものであり、最近の各メディアの傾向としては、どちらかといえば癒し系グラビアが支持される流れにある。がこれはあくまで表面上のことであり、癒し系ならば人気が出る、セクシー系は支持されない、などといった単なる二元論で判断できない事も付け加えておく。

後者の子供っぽさを売りにするグラビアアイドルは10代のうちにデビューするケースが殆ど。15歳未満の場合は、学業優先や法律上活動に制約があり、中学校を卒業する10代後半にデビューする場合が多い。又、1990年代からは、童顔で胸が豊かな女性がグラビアアイドルとして人気を得る傾向がある。第7回全日本国民的美少女コンテストで演技部門賞を受賞し、グラビアアイドルとして芸能活動している橋本愛実など、10代のうちは芸能活動は控えめながら、20代に入って積極的にマスメディアに登場するようになるケースもある。

業界では「若いうちは脱ぐ」「胸も顔のうち」と言われる事も多く、ファースト写真集の撮影時にビキニを着るのが恥ずかしくて泣いてしまったという乙葉が「水着にならなくていいアイドルは松たか子だけと言われた」というエピソードも存在する。

本来グラビア露出は芸能活動のほんのワンステップに過ぎず、ある一定ラインの年齢を過ぎたら、女優やタレントに転身して行く場合が殆どだった。本上まなみや佐藤江梨子、眞鍋かをり等のようにグラビア経験者が、後に文才や芸術の才能を発揮しグラビアとは全く別のことで注目を浴びる場合も数多い。また浜崎あゆみや華原朋美、ZARDの坂井泉水など歌手として大成した人物の中にも過去にグラビアアイドルを経験している女性芸能人は多く存在する。

しかし21世紀に入ると、自ら現役グラビアアイドルを公言し、グラビアを卒業せずにそのままタレントや女優に転身する者が現れ始める。特に小倉優子、ほしのあき、熊田曜子、安田美沙子、磯山さやかなどはテレビで頻繁に出るようになっても尚、グラビア誌面でもトップとして君臨し続けている。

その一方で、売れないグラビアアイドルがヌードモデルやAV女優へと転身する例がみられるようになり、「着エロ」というジャンルが確立されてからは「着エロアイドルからAV女優に転向」という例が頻繁にみられるようになった。彼女たちの中にはAVデビュー後も「現役グラビアアイドル」という肩書きを持ち続ける者や、「あくまでも芸能活動の一環としてAVにも出ているだけで、AV女優に転向したわけではない」などと主張する者もいる。彼女たちの出演作品は、AVとしてはヒットすることも多いため、AVメーカーはこぞってグラビアアイドルにAV出演の交渉を持ちかけている。一方で、「元芸能人」という肩書きが作品の売り上げ向上につながることから、AV女優になることが決まっている者が箔をつけるために「一旦グラビアアイドルとしてデビューしてからAVへ」という例もある。

グラビアアイドルは過去から現在においても、隆盛を極めながら、その活躍の場は多様化しているといえる。


[編集] 歴史

[編集] 1970年〜1980年代のグラビア
「グラビアアイドル(以下特別な場合を除きグラドルに略記)」の歴史は、1970年代後半に活躍したアグネス・ラムに始まるといえる。

当時の女性アイドルはほぼすべてが歌手活動をしていて、「アイドル歌手」としてのテレビ出演やLIVE活動がメインだった。しかしアグネスはグラビアでの活動をメインとする点では始祖と呼べる存在であり、その時代性ゆえに、アグネスは雑誌グラビアに数多く登場しながら、歌手デビューも果たしている。

1980年代には、このジャンルにおいてその後数多くのスターを輩出するイエローキャブで、所属タレント第1号である故・堀江しのぶがデビューした。堀江は同社の社長・野田義治(現:サンズエンタテインメント社長)の秘蔵っ子であり、自ら「堀江を売り出すためにイエローキャブをつくった」と公言した程の存在だった。この時代も未だ女性アイドル歌手の全盛期であったため、堀江もアグネス同様に歌手デビューもしているが、野田の意気込むも虚しく堀江は胃がんのため23歳の若さで急逝する。しかし皮肉にもこの事件がグラドルと言う存在を世に記す第一歩となった。

1982年に講談社が少年漫画誌の企画としてアイドルグラビアの読者投票コンテスト『ミスマガジン』を創設。第1回の受賞者・伊藤麻衣子(現:いとうまい子)が好評を得た事から年1回の定期開催が決まり、以降アイドル歌手以外に雑誌をベースに活躍するアイドルというものが定着し始める。その後も1984年第3回開催グランプリの斎藤由貴、同準グランプリの田中美奈子、第4回開催グランプリの八木小織(現:八木さおり)、1986年第5回開催グランプリの高岡早紀、またグランプリ以外からも森尾由美、南野陽子という好素材が続々飛び出し、更に彼女たちは歌手活動や女優としての活動もスタートさせ、それらはおおむね成功していった。また彼女たちを誌面で大きく取り上げたグラビア雑誌もこの頃続々と創刊されている。この流れは1990年に「ミスマガジン」が終了(6年後に復活)するまで続き、今日のグラビアアイドルとは、主にこの1980年代半ばにその根幹が形成されたといっても過言ではない。

またこの時期、堀江を失ったイエローキャブにも新しい素材が続々現れ、かとうれいこ、細川ふみえといった豊満で肉感的なタレントが次々とグラビアで脚光を浴びる。また鈴木京香や山口智子、飯島直子などの水着キャンペーンガールも、この頃頻繁に雑誌グラビアを飾っていた。その一方で、前述の山口智子がその後女優活動のためにモデル事務所から現在の事務所へ移籍したように、水着モデルとその後の芸能活動とは、スポンサーのそれまでの考え方などが障害となって、上手くは繋がっていなかった。山口は、1988年のNHKの連続テレビ小説で主演。そんな中イエローキャブは、水着着用モデルからその後の女優・歌手等への展開を考えたプロダクションとして脚光を浴びていく。

野田自身は後年「グラビアアイドルというカテゴリーを俺は否定している。グラビアはどうやったらその娘が売れるかという単なる手段であって、そう言われるだけでレッテルを貼られてしまう」と自身のやってきたこととグラドルに対してのスタンスを明確にしている。またその対談相手であった清水幸治・現フィットワン社長も「作り手としては世間に広く通用する人気者を作りたいだけで、グラビアアイドルを作る、売り出すなんてハナから思っていない」と野田の発言に同意を示している。(クイックジャパンVol.68「特集グラビアアイドル」の対談記事から)
また飯島直子は1989年にカネボウ、1990年にはキリンビール、宇部興産のキャンペーンガールを務め、翌1991年にはキグナスF3000のキャンギャルとなり、のちのレースクイーンの芸能界進出の足ががりを作っている。その後グラビアを封印してタレントに転身し、1995年にコカコーラ『ジョージア』の「やすらぎパーカープレゼント」CMで親しみやすく話しかける姿が話題になり、そのCMから名をとって『安らぎ系タレント』と呼ばれることになる。これは20世紀末に現れる「癒し系ブーム」の走りと言えなくもない。



posted by グラビアアイドルfan at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | グラビアアイドル 紹介
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。